不動産会社には種類がある?それぞれの特徴を知ろう!

不動産によって異なる!?業者の選び方とは

不動産会社には種類がある?それぞれの特徴を知ろう!

ファミリー

新築マンション購入ならデベロッパー

新築マンションの場合、「デベロッパー」と呼ばれるマンションや大規模団地などの開発に関わる会社が売主となるケースがほとんどです。しかし、販売代理会社が窓口をしている場合は、デベロッパーと直接やり取りをすることは少ないようです。

積み木

新築一戸建て購入なら?

大きな団地などの新築一戸建ての場合は、デベロッパーが売主となります。しかし、小規模の場合は「ハウスメーカー・工務店」が売主です。その場合も、販売業務を代理会社や仲介会社に依頼することがほとんどのようです。

室内

中古マンション・一戸建ては仲介業者

中古の不動産をひばりヶ丘や志木で購入する時には、売主と買主の間に「仲介会社」が入ることが多いようです。仲介会社の場合、不動産情報の収集から売買条件の調整、契約手続きまで行います。また最近では物件購入とリフォーム両方のサポートを行う会社もあります。

不動産契約をする前に知っておくこと!

一軒家

手付金について

不動産契約の際には、証約手付・解約手付・違約手付などの「手付金」を売主に支払う必要があります。

契約の解除について

不動産契約は、買主と売主の信頼関係の上に成り立ちます。そのため、契約が締結したら一方的に解除をすることはできません。

瑕疵担保責任について

「瑕疵」とは物件の欠陥のことです。売主へ修繕や損害賠償を求めることができ、その責任のことを「瑕疵担保責任」といいます。

広告募集中